2018/10/23

My Motorcycle YAMAHA MT-09SP

YAMAHA MT-09SP

自分の愛車であるYAMAHA MT-09SPをご紹介します。

MT-09SPを選択した経緯

大型二輪免許を取得する前からMT-09は気になっていました。国産3気筒、パワーも十分でしかも軽い。

しかし一点気になるところが。ヘッドライトです。どうもヘッドライトの形がしっくりこず、購入をためらっていました。

そうこうしているうちに2017年モデルが発売され、マイナーアップデートにもかかわらず大幅な変更がありました。LEDヘッドライト、片持ライセンスホルダー、馬力のアップ、スリッパークラッチ、アップのクイックシフター。しかもデザインもシャープになって格好良い。買わない理由がなくなりました。

いよいよ購入を決めたその時、MT-09SPが発表されました。

フロントにKYB、リアにはオーリンズ。価格は10万程度の上乗せ。

自分にはサスペンションの力を十分に活かせる走りはできませんが、ノーマルのMT-09を買ってあとから後悔するぐらいならMT-09SPを買ってしまおうと考え、2018年5月下旬に契約しました。

そこから納車されたのが8月中旬。やはり人気のようでオーリンズの供給が追いつかず納車に時間がかかったとのことです。

MT-09SPの各部を紹介

ここからはMT-09SPの各部を紹介します。

RLMoto MT-09SPのヘッドライト画像

まずはフロントから。2017年モデルからLEDの4灯になりました。とてもカッコいい。

RLMoto MT-09SPのメータの画像

MT-09SPの特徴の1つである白黒反転のメータ。視認性がとても良いです。

回転数、ギア、距離計、トラクション、走行モード、燃料計、時計と情報は必要十分でコンパクトにまとまっていてます。

RLMoto MT-09SPの左グリップの写真

アクセル側のグリップ部分にはトラクションコントロールのスイッチがあります。ちなみにトラクションコントロールは"OFF"、"1"、"2"の三段階あります。2が最もトラクションコントロールが最大です。

RLMoto MT-09SPの右グリップの写真

右のグリップ部分にはD-mode(モード切替スイッチ)があります。モードはSTD、A、Bの3つ用意されています。

STD :スムーズでスポーティな走行フィーリングが低速から高速まで楽しめるモードです。

A:STDに対して、よりスポーティなエンジンレスポンスを低中速域で楽しめるモードです。

B:STDに対して、より繊細なスロットル操作が必要なシーンなどで穏やかなレスポンスを発揮するモードです。

と取扱説明書に書いてあります。自分はほぼSTDです。Aはレスポンスが良すぎて街乗りではほぼ使用していないです。

RLMoto MT-09SPのテールランプ画像

テールはシュッとしていて、テールランプはとてもシャープなデザインのLEDになっています。テールが短く見えるのでカッコいい。

RLMoto MT-09SPのクイックシフターの画像

クイックシフター。アップ側のみですが便利です。街乗りでは使わないかなと思っていましたが、加速をしながらシフトをガンガン上げることができるので、信号待ちからの発進だけでも楽しくなってしまいます。

RLMoto MT-09SPのヘルメットホルダーの画像

地味だだけど便利なヘルメットホルダーも付いています。

ここからはMT-09SPのみの特徴、それとオプションになります。

RLMoto MT-09SPのオーリンズの別体タンクの画像 RLMoto MT-09SPのリアショックの画像

やっぱりMT-09SPの一番の特徴はオーリンズ製リアサスペンションです。

スプリングプリロードにはリモートアジャスターを装備しており、減衰力を伸側・圧側ともに細かく調整でき、好みに合わせて柔軟なセッティングを可能としているそうです。

初心者な自分はまだイジったことないです。デフォルト状態で不満が出るレベルになったら調整しようと思います。

RLMoto MT-09SPのフォークトップ左側の画像 RLMoto MT-09SPのフォークトップ右側の画像 RLMoto MT-09SPのフォークアスクル側の画像

もう一つの大きな特徴はSP専用KYB製フロントサスペンションです。

左右両側で伸側、圧側の減衰力調整が可能です。圧側の減衰力はより細かく高速、低速で調整が可能です。

RLMoto MT-09SPのタンクのデザイン画層

MT-09SPはカラーリングがノーマルと異なります。タンクのシルバーとブラックの配色がカッコ良い。

RLMoto MT-09SPのブレーキレバーの画像

レバーも黒になります。

RLMoto MT-09SPのホイールの画像

ホイールにはMT-09SPのリムグラフィック。

RLMoto MT-09SPのタイヤの画像

ちなみに純正タイヤはBRIDGESTONEのBATTLAX HYPERSPORT S20でした。みんなこのタイヤなんですかね。

RLMoto MT-09SPのシート画像

またシートも専用になっています。ダブルステッチシートって言うらしいです。

RLMoto MT-09SPのフロントウィンカーオプションの画像 RLMoto MT-09SPのリアウィンカーオプションの画像

オプションのワイズギアのウィンカーです。MT-09の純正ウィンカーはなんか野暮ったいです。

RLMoto MT-09SPのヒートグリップボタンの画像 RLMoto MT-09SPのヒートグリップ右側の画像

オプションのワイズギアのヒートグリップ。購入時に取り付け、目立ちにくい位置にスイッチを配置していただきました。ただアクセル時にヒートグリップのワイヤーが一緒に動くため、邪魔に感じます。

あと、ちらっと見えるデイトナのUSB電源も購入時に取り付けていただきました。

大切に乗っていきたい

カッコ良くて性能も申し分ない。MT-09SPいまのところ最高です。べた褒めで申し訳ありません。

デザインや走行性能のバランスを崩さないように少しずつカスタムしていこうと思います。

また九州や北海道などもMT-09SPでツーリングに行きたいですね。あとサーキットも。

長く楽しく乗れるように大切にしたいと思います。



©RLMoto 2018